Home English

 


総研大で科学哲学の学位取得を考えている方へ

以下は大西個人による紹介記事で、大学や研究科/専攻の公式な見解を表すものではありません。詳細は必ず研究科/専攻のウェブサイトなどから確認するようにしてください。


(総研大と先導研について)

総研大は、全国に点在する国立の研究所におかれた研究科と、メインキャンパスにある先導科学研究科からなる博士課程のみの大学院大学です。そのためキャンパスも全国に散在していますが、メインキャンパスは、神奈川県三浦郡葉山町の山の上にあります。先導科学研究科は生命共生体進化学専攻のみからなり、そこでは大きく分けて、進化学関連の研究と、科学と社会関連の研究とが行われています。科学と社会分野には、科学哲学の他に、科学史や科学技術社会論、科学人類学の研究をされている先生方がいます(詳しくは専攻HPの教員紹介ページをご覧ください)。基本的に博士号取得のためのプログラムですので、とりあえず修士までだけ取得したいという方には向いていません(ただし、やむを得ず中途退学する場合は、その時点で一定の条件を満たしていれば、修士号の取得も可能です)。


(副論文制度について)

本専攻では、視野を広げるために専門とは異なる分野でも研究を行い、副論文として提出することが、博士号取得の条件となっています。科学と社会分野で博士号の取得を目指す方は、進化学関連の研究室で、全研究エフォートの10%程度をかけて副論文研究に取り組むことになります。研究にあたっては、入門的な授業や専門の教員による指導が受けられますので、生物/進化学関連の研究経験がなくても、あまり心配することはないと思います。


(研究環境について)

国内には科学哲学の研究ができる大学院がいくつかあり(外部のまとめサイト)、大きなところに比べると教員数や学生数、授業数、蔵書数はかなり少ないですが、同じ専攻内に進化学系の研究室があることから、実際の科学研究との距離が近いことや、また科学史や科学技術社会論、科学人類学といった関連諸分野の教員がいるという点では、科学哲学の研究に適していると思います。その他、学生支援については、専攻HPのこちらのページをご覧ください。


(研究テーマについて)

大西自身の専門は科学的実在論論争ですが、関連して、確証理論や科学的表象といった一般科学哲学に属する話題、および認識論も少しかじっています(その他、その時々の関心や必要性に応じて色々かじっています)。学生さんの研究テーマは必ずしもこれらのいずれかである必要はありませんが、あまり離れたテーマは指導できませんし(詳しくは応相談)、関心のあるテーマと近い教員の研究室が他にあるならば、そこで鍛えてもらうのが一番確実だと思います。ご家庭の事情など、特別な理由がないかぎりは専門性を第一に考え、「家から近い」といった表面的な理由では選ばないほうがよいでしょう。「専門家に批判されずにのびのびやりたい」「どこでもいいから籍だけほしい」といった不純な動機で選ぶのも厳禁です。


(求める学生さん)

英語がきちんと読め、自己顕示欲ではなく好奇心を大切にして、労をいとわず主体的に勉強/研究し、国内外のいろんな研究者と仲良く議論ができる(ようになりたい)人に来てほしいと思います。


さらに話を聞いたりキャンパスの雰囲気をみてみたいという方は、専攻HPの教員紹介に掲載されている大西のアドレスまでご連絡ください。各種説明会やオープンキャンパス、入試などの情報については、専攻HPの入学案内をご覧ください。